ボイジャータロットカードの意味を解説~78枚のカードによるメッセージとは~

ボイジャータロットカード」とは78枚からなるタロットカードです。

大アルカナ:22枚
小アルカナ:56枚

  • クリスタル:10枚
  • カップ:10枚
  • ワールド:10枚
  • ワンド:10枚
  • 家族カード:16枚

で、構成されています。

1985年、社会心理学の教授だったジェームス・ワンレス氏が考案。

友人で画家の、Ken Knutson氏に協力を依頼し、ボイジャータロットカードが誕生しました。

「ボイジャー」とは、Voyager、航海者を意味する単語ですが、その由来は無人惑星探査機、「ボイジャー号」にちなんだもの。

人間が本来持っている、無限の可能性を探査する。
それがこのカードの使命です。

このカードは、

もっと自分を深く知りたい

自分を成長させたい

と思う人々に向けて作られたカードであり、自己啓発にぴったりの21世紀型タロットカードなのです。

従来のタロットカードとボイジャータロットの違い

さて、タロットカードの歴史をひもとくと、15世紀・北イタリアで発見された文献が、タロットについて書かれた最古のものだと言われています(※諸説あります)。

他にもマルセイユタロットなどが有名です。

それらのタロットとボイジャータロットとの大きな違い……それは、描かれている絵が「コラージュである」ということ。

中世の時代のものや一般的なタロットカードは、剣のカードであれば数字と剣だけであったり、大アルカナについても中世のコスチュームが描かれていたりと、どことなく重い感じがします。

その「重さ」は、重要なことを決めてくれそうな反面、現在のようにスピードや変革の速い世の中では、もうそぐわないものになっている。ジェームス博士はそう考えました。

そこで、21世紀にふさわしいタロットを生み出すために、カードをコラージュにしたのです。

  • 神話の神々
  • 実在の人物
  • 遺跡
  • 自然
  • 動物
  • 宇宙
  • 鉱物
  • 植物

などなどたくさんの画集を集め、コラージュすることにより、芸術性を高め、より視覚的に、潜在意識に訴えることに成功しました。

カードの裏には、美しいブルーの下地に曼荼羅のような模様。
なんとこれは、DNAの断面図を顕微鏡で見たものです。

すべての答えは自分の中にある

そのことをこのDNAが教えてくれます。

タロットカードは中世以降、主に占いとして使われてきました。

しかし、古代に遡ると、本来は自己啓発に使われていたとの説もあります。

コラージュされた絵を見つめていると、突然、閃くように言葉が降ってきます。

その言葉を頼りに、自分自身の宇宙を見つめ、奥底に眠る才能を見つけだすことが出来るのです。

それこそがまさに「自己啓発」のために作られたカードと言われるゆえんです。

私がボイジャータロットを使いだした理由

ここで、個人的な話になりますが、私とボイジャータロットの出会いについて書きたいと思います。

私の本業は文筆業でもう10年以上、その仕事を続けています。

文筆業と言ってもいろいろありますが、物語を書いたり、依頼で脚本を書いたりと、フィクションを軸とした分野で働いています。

自分を表見できないもどかしさ

しかし、四年ほど前から、自分の作家性や才能、人生について行き詰まりを感じていました。

「これが本当に私が書きたいことなんだろうか?」

「ここから先に進むにはどうしたらいいのだろうか?」

「真の意味で『自分らしく』書くにはどうしたらいいのだろうか?」

それは切実な悩みでした。

ビジネス系の自己啓発セミナーや、コーチング、やみくもに本を読むなど、できることは全部、片っ端から試していきました。

しかし、肝心なところでいつもブロックがかかってしまう。

どうしてなんだろう?

どうして私は、自分が表現したいと思うことを、素直に表現できないのだろう?

貯めていた貯金も少しずつ目減りしていき、かといって他の仕事ができるほど器用ではなかったし、なにより、私の人生から「書く」ことを取ったら何もなくなってしまう。

もう四年、ものがたりを書けなくなっていた私の気持ちはどん底でした。

厳密に言えば、もちろん書けるんですが、以前と同じままではいられないと思ったし、自分の納得できる形でなければ、書けたとは言えないと思っていました。

ボイジャータロットカードとの出会い

そんなとき。

この「ボイジャータロットカード」に出会いました。

スピリチュアルなこのカードが、私を救ってくれたのです。

それからの私は、毎日一枚ずつ、カードを引くようになり、自分自身をもっと深く見つめることができるようになりました。

たとえば「13:Death・死」のカードを引いたとき。
それは「終わり」であったり、「捨てる」とか「切り捨てる」という意味。

人間関係、特に恋愛で読み解けば「終わり」「分かれる」など、どうしてもネガティブなイメージ。

しかし見方を変えれば「終わる」ことは、次に進むために重要なステップ。次に進むために「変容」するには、「脱皮」しなくてはならないのです。

「破壊」のあとには「再生」があります。
いらなくなったもの、不要になったものを手放し、次に備えていく。

それが本来の「Death・死」のカードの意味なのです。

そういうことがわかると、もう「終わり」も怖くありません。

もちろんそのときは心が痛いかもしれない。
しかし、長い目で見れば、これもまた宇宙からのギフトなのです。

ボイジャータロットには必ず「ポジティブ」な意味と「ネガティブ」な意味があります。

カードが教えてくれるその意味を誤らず、きちんと読み取っていくこと。

そうすれば、自分自身をより深めることができますし、カードを使って相手を鑑定する際にも、必要とされている言葉を伝えることができるのです。

ボイジャータロットカードの意味解説と活用方法

ここからは、よくいただくボイジャータロットカードに関する質問にお答えするかたちでカードの意味や他のタロットとの違いについてご紹介していきます。

ボイジャータロットカードで10年後の未来はわかりますか?

時間の概念がないため、未来を見るのは得意ではありません。

ボイジャータロットが得意とするのは、2週間から1ヶ月ぐらいの未来。

もともと、潜在意識には「過去」「現在」「未来」と言った、時間の概念がありません。
それはボイジャータロットも同様です。

そして、未来は「行動」によって容易に変えることができます。

ボイジャータロットの鑑定では、必ず何かしらの「行動」の約束をします。

簡単なことで構いませんが、確実にできること。
それから未来を見るため、行動がなければその未来はやってこないと考えます。

同じ事をすぐに占ってもいいでしょうか?

構いませんが、おそらく同じカードが出ます。

ボイジャータロットの不思議なところは、課題を解決しない限り、同じカードが出続けること。

友人は「16:Tower・塔」のカードを三日連続、引き続けたことがあると言っていました(笑)。

私も先日、イベントでいろんな人を鑑定しているときに「6:Love・恋人」のカードが出続けました。

「6:Love・恋人」は、文字通り「恋人」を意味することもありますが、恋愛を抜きにした「パートナー」の意味にとらえることもあります。

そのときの参加者さん、みなさんビジネスパートナーを求めていたようで、

なるほど、だからこのカードなのか

と、妙に納得してしまいました。

そういう意味では、本当によく当たりますし、信頼性の高いカードと言えます。

通常のタロットとのもっと具体的な違いを教えてください

大アルカナと小アルカナをオリジナルのカードに変えています。

まず、大アルカナでは、

番号 名前 ボイジャーでの名前
0 愚者 0:FoolChild・愚かな子供
8 正義 8:Balance・バランス
14 節制 14:ART・芸術
15 悪魔 15:Devil’s Play・悪魔の遊び
20 審判 20:Time-Space・時間/空間

小アルカナでは、一枚一枚のカードではなく、グループごと変えています。

  • 剣 → クリスタル(頭脳)
  • ペンタクル・ディスク → ワールド(行動)

感情を表すカップ、魂を表すワンドは従来のタロットカードの意味のままです。
(※ただし、ワンドでは杖ではなく手を魂の状態として表しています)

  • 家族カード
  • 本来、絵札に相当していたカードを、ボイジャータロットでは「家族カード」というカードに置き換えました。

    • 子供
    • 男性
    • 女性
    • 賢者

    それぞれの意味については、カードの解説をご覧ください。

    具体的なボイジャータロットの使い方を教えてください

    まずは毎日、一枚、引いてみましょう。

    一日一枚、実際に引いてみることをおすすめします。

    じっとカードを見て、コラージュで気になった箇所にフォーカスしてみると、思いがけないことにピンと来たりします。

    自分の直感を信じましょう。それがすべてです。

    ボイジャータロットは「問い」がとても大切です。問いが明確でなければ、答えが曖昧になります。

    たとえば。

    悪い例

    「今日はどんな日ですか?」
    「今日は何を食べたらいいですか?」
    「彼は話しかけてくれますか?」

    もちろん、ボイジャータロットは答えてくれますが、答えはとても抽象的になるでしょう。

    「今日は何を食べたらいいですか?」で「17:Star・星」が出た場合、「星っぽいもの?」をいちいちイメージしなくてはなりません。

    もちろん、カードを見て目に留まったところに従う、というのもありです。たとえば「ヒトデ」に目が留まれば、海産物を食べてみるとか。

    しかし、確実性はあまりないと言えるかも。

    良い例

    「今日の仕事ははかどりますか?」
    「エビチリとチャーハン、どっちがいいですか?(この場合は二枚引く)」
    「彼に話しかけます!」

    ボイジャーは「イエス」「ノー」で答える方が得意です。

    そして、具体的な行動を思い浮かべてカードを引くと、その行動がベストなのか、足りないものがあるか、などを教えてくれます。

    ここでも自分の直感を信じましょう。

    引く頻度が高ければ高いほど、カードと仲良くなれますし、カードが意味するところがわかってくるようになります。

    最初は「カードに依存してない?」と言われるぐらい、とにかく実践してみましょう。

    依存したっていいのです。
    そのうち人間は飽きます(笑)。

    そして飽きるころには、自分自身を深く見つめられるようになりますし、カードの正確な意味をとらえることができるようになるでしょう。

    ボイジャータロットは行動のカード。

    習うより慣れろ

    やってみることによって、どんどん面白さが引き出されるカードなのです。

    さあ、あなたもこの不思議な「ボイジャータロットカード」の世界をのぞいてみてください。

    コメント